ハイレバで稼ぐ仮想通貨FX

海外仮想通貨FXでいこう@I Always Buy

仮想通貨を証拠金にできる海外仮想通貨の魅力

 

国内でも仮想通貨を証拠金で売買する「仮想通貨FX」の利用者は相当数存在します。

 

2017年ビットコインが年末に200万を超えて暴騰した際は、6割の市場参加者が円建て取引をしていたというデータが残っていますが、実にその7割が仮想通貨FXでレバレッジをかけて売買していたことも記録に残されています。

 

しかし海外の仮想通貨FX専門の業者ではさらに進化し、ビットコイン以外のアルトコインとの組み合わせの通貨でも売買が可能になりますし、なにより面白いのは海外に送金するときにコスト的に問題になる「証拠金を仮想通貨で入金」することができるのです。

 

 

仮想通貨が上昇傾向にあるときには非常に便利なしくみ

 

たとえば国内で安い時にビットコインを購入しておき、それが値上がりする途上で証拠金として利用できれば法定通貨との組み合わせではかなり大きな資金として利用することができます。

 

利益は当初入金した仮想通貨建てで増やしていけますので、いちいち法定通貨に両替えせずに、そのまま一気通貫で取引ができる点が魅力となります。

 

ただ、法定通貨での価格が低下傾向にあるときには仮想通貨としては減少しているわけではないのですが、円に両替えするときには逆に減ってしまうといったこともありますので、両替えのタイミングをよく考える必要があることも逆に興味深い運用ができるといえます。

 

 

海外業者はハイレバレッジが利用できる

 

国内では業界団体の申し合わせで「レバレッジは最大4倍程度」に収れんする動きになってきています。一方海外では100倍や200倍という国内ではありえないようなレバレッジを利用することが可能です。

 

これは、仮想通貨の相場が安定した状況では、かなり効率的かつ爆発的な利益を獲得する機会に恵まれる点も注目ポイントと言えます。

 

ハイレバレッジはとにかく危険と言われがちですが、使い方の問題でベストなタイミングで利用すればこれほど大きな武器はありません。

 

また海外業者には証拠金を超える損失を顧客に請求しない安全装置としての「ゼロカットシステム」も実装されていますので、実は仮想通貨のような変動率の高い商品の取引に関しては国内業者を利用するよりはるかに安心で安全な仕組みが整っていることも忘れてはなりません。

 

FXでは国内業者と海外業者では国内業者に一日の長がある部分も多いのですが、仮想通貨FXに関しては逆に海外業者に多くのメリットが存在することをあらためて理解されると飛躍的な投資の成功を勝ち取ることができます。

 

本サイトでは、海外の仮想通貨の魅力を紹介するとともに、私の運用成績も公開していきます。

 

 

 

 

 

 

トランプ大統領が12日に「ビットコインや他の仮想通貨のファンでない。それらは通貨ではなく、その価値は非常に変動が激しく、根拠とするものは一切ない。規制を受けない仮想通貨は麻薬取引や他の不法活動などの違法行為を容易にし得る」

 

とツイートしたことからビットコインがいきなり下落して対円では100万円に接近する場面も見られました。

 

トランプといえばドル高をけん制するのに躍起かと思われましたが、ビットコインをはじめとする仮想通貨にまで言及したことから市場はかなり驚いて売りが入ったことが容易に想像される状況です。

 

 

まさかの米国での禁止となればビットコインは大暴落

 

今回のトランプ発言で彼自身が仮想通貨のファンであろうがなかろうが大した問題ではないものの、不法活動の温床ということを重視して米国内での取引を禁止するといった踏み込んだ行動に出た場合にはビットコインをはじめとする投機性の強い仮想通貨は軒並み暴落することが考えられ、かなりクリティカルな状況になっていることがわかります。

 

今回のトランプ発言の真意がどこにあるのかはまったくよくわかりませんが、マネーロンダリングをはじめとする犯罪のために使われやすいといった判断が強まるとかなり具合の悪いことになりそうで注意が必要です。

 

 

どこかのタイミングでFRBが仮想通貨を発行する可能性も

 

現在の仮想通貨の状況をみていますと特定の国が発行するものというのは非常に限られた状況であることがわかります。

 

この先さらに仮想通貨が流通していく過程では結局のところ国別に通貨当局がステーブルコインの形で発行する可能性がかなり高くなりそうで、トランプの今回の発言がその予兆であるとは言いませんが、どこかでそういう時代がやってくることに関しては相当覚悟しておかなくてはならないものと思われます。

 

現状ではビットコインを完全に禁止しているのは中国ぐらいのものですが、この先インドも同様の判断をする可能性は高く、それが発表された場合にはまた一段と価格が下落する可能性を考えておかなくてはなりません。

 

折角かなりいいところまで価格を戻したビットコインでしたが、今後はこうした政治的な発言が相場の上昇を抑制するリスクはかなり高くなりそうで、買いだけではなく売りから相場に入ることも十分に検討しておく必要がありそうです。

 

仮想通貨はある意味でまた新たなステージにさしかかってきていることを感じさせられます。

続きを読む≫ 2019/07/18 06:14:18

 

世界最大級の仮想通貨取引所として日本でも引き続き注目されているバイナンスが先物取引のプラットフォームを立ち上げる計画を正式に表明し注目を浴びています。

 

これはCEOであるChangpeng Zhao氏が7月2日台北で開催されたアジアブロックチェーンサミットで発表したもので今後数か月以内に公開されることとなっているようです。

 

この先物取引サービスはBinance Futureと名付けられ、とりあえず最初にはBTC/USDTの通貨ペアからローンチされることになるようです。

 

レバレッジは20倍ということで猛烈なハイレバレッジは避けていますが、国内の業者よりも明らかに高いレバを提供する模様で、市場に変化が起きることが期待されそうです。

 

 

先物取引の市場への参入加速か

 

バイナンスの先物取引参入は業界内ではかなり注目されてきたようですが、今回の定式発表をうけて他の仮想通貨取引所による先物取引への参入が加速する可能性もてできています。

 

CMEはすでにビットコイン先物の取引が開始されていますし、Bakktも7月中に現物受け渡しの形態をとるビットコイン先物のテストを開始することが発表されています。

 

足元ではビットコインが大きく上昇してから激しく売られるなどまたしても結構激しいボラティリティが相場に示現しています。

 

先物の取引がふえてきますと相場の先行きというものももう少ししっかり判断できるようになることから、荒れ狂うような相場状況にも変化が現れることが期待されますし、なによりファンドなどの投資家が多く参入しやすくなることからビットコイン相場の雰囲気も大きく変わることが期待されます。

 

2017年末の暴騰からその後の暴落を経てビットコインを中心とした仮想通貨市場は雰囲気が大きく変わりはじめています。

 

とくに新たな市場参加者からの資金の流入が続いたことで、これまでのボラティリティの高いだけの相場から少しずつその動きが変化しようとしていますが、いまのところまだ大きく上げると必ず売り浴びせで下がるという不安定な相場を繰り返しているのが実情です。

 

今後先物市場の規模が大きくなることによってよりビットコイン相場が変化することが望まれるところです。そうした意味では今回のバイナンスの市場参入は大きな意味があるものとなる可能性が高まります。引き続き市場の反応を粒さにチェックしていきたいところです。

続きを読む≫ 2019/07/06 06:54:06

 

昨年1月にコインチェックがハッキングを受けNEMが大量に流出した問題ですが、当初は北朝鮮が関与していたのではないかという分析が強かったものの、ここへきて実はロシアのハッカーが北朝鮮を装って起こした事件なのではないかという話が急浮上して話題になっています。

 

この仮想通貨取引所へのハッキングは、これまでのところハッカーが発覚して捕まることがほとんどなく、襲撃されれば単純にとられ損になっているだけで、国もどのぐらい懸命に分析し捜査しているのかはわかりませんがハッキングの手口をより精細に分析することが必要になっているものと思われます。

 

コインチェックへのハッキングに関してはロシアのサイバーセキュリティ企業が北朝鮮の仕業ではないかというレポートを公表して注目を集めたわけです。

 

しかし、なんのことはない実際のところはロシア系のハッカーが多様しているウイルスがコインチェックの社員のPCから見つかっており、これが遠隔操作で盗みを働いていたとの分析がでているわけで事実は依然として闇の中にあります。

 

このロシアのサイバーセキュリティ企業があえて故意に北朝鮮のせいにしたのかどいうかは不明ですが、MokesやNetwireなどのハッキングウイル氏は2016年以降かなりの取引所へのハッキングに利用されているようで、ロシア系ハッカー御用達のソフトだそうで他のセキュリティ企業によりもっと厳密な調査が求められるところです。

 

仮想通貨はブロックチェーンを利用するなどして帳簿自体を改ざんするなどにより盗み出すことは一切できませんが、結局のところその仮想通貨を扱う取引所や交換所のレベルが極めて低く、結果的にセキュリティリスクの高いものになってしまっています。

 

本来的な仮想通貨が実装するメリットとは全く別のところに大きな落とし穴があるのは非常に残念な状況ですが、これが改善しないかぎり仮想通貨トータルとしてのリスクは軽減させることができないのもまた事実でより厳密なセキュリティ対策が求められます。

 

とくに国内の取引所は金融庁から認可を受けているところでも決して安心できるような状態ではなく、そのセキュリティ対策レベルはお世辞にも高いとは言えない状態が継続中です。

 

これなら海外の取引所や仮想通貨FXで取引したほうがより安全であるとさえいえる状況ですから、とにかくしっかりとした体制で改善が求められます。

続きを読む≫ 2019/06/24 06:15:24

 

サッカー選手としてはお馴染みの元日本代表・本田圭佑がブロックチェーン企業かと組んで新たなブロックチェーンファンドの設立を発表し話題になっています。

 

本田圭佑は以前に仮想通貨取引所である「BITPoint」のCM出演したころからブロックチェーンに興味をもちはじめ今回ファンドの設立に関与することになったそうで、サッカー以外にもさまざまな領域に興味を示していることがあらためて理解できる状況です。

 

本田選手がどのぐらいブロックチェーンに精通しているのかは今ひとつよくわかりませが、妙なICOの広告塔になるような動きではなく、本質的にブロックチェーンの普及のために投資を行うとする姿はかなり評価できる動きということができそうです。

 

ブロックチェーンについては名前だけはかなり知名度がありますが、中身に関しては、仮想通貨のコア技術ということしか知られておらず、実際の利用応用範囲についても明確に可視化されているわけではないのが現状です。

 

それだけに本田のような社会的に注目される存在がブロックチェーン投資を行うということを表明しますとその中身についても興味があつまり、ブロックチェーンの理解と普及につながることが予想されるだけに非常に好ましい動きであるといえそうです。

 

本田はブロックチェーン技術を活用したファン・エコノミー・プラットフォーム「フィナンシェ」にも投資家兼アドバイザーとして既に就任しており、具体的な利用についてもこれから様々な情報を提供してくれそうで期待が高まります。

 

スポーツ選手とフィンテックやITとのつながりというのはその多くが表面的なものにすぎず本質的なメリットを訴求したり技術そのものをまったく語れないというケースが多くなりますが、中身をしっかり理解している本田のようなやり方は非常に好感の持てるアプローチということができそうです。

 

こうしたファンドが積極的に資金提供してくれることになれば仮想通貨以外の部分でもブロックチェーンの利用が進み、結果的に仮想通貨にもその技術が戻ってくることからファンドの投資資金が最終的にどのぐらいになるのかはわかりませんが、非常にプラスに働く動きであるといえます。

 

続きを読む≫ 2019/06/10 06:07:10

 

仮想通貨というのはその時々で大きく価格が変動することから、上昇過程にあるときは別に何の問題も感じないわけですが、ひとたび下落を始めると一体どこまで落ちるのか非常に心配になるものです。

 

そもそも通貨を名乗っているわけですから、最低限の価値があるはずなのですが、ICOで登場するようなトークンは既に無価値化したものも多数存在しており、フェアバリューがいくらなのかというのは非常に大きな疑問点となってきています。

 

 

ビットコインのフェアバリュー

 

世の中でもっとも流動性が高く時価総額もダントツであるビットコインを例にとって考えますと、ブロックチェーン上におけるユニークアドレス件数をベースとしてユーザー数の上昇こそがビットコインの価値と比例するという独特の考え方をする集団が存在しています。

 

これはデジタルアセッツというよりもネットワークの価値であると考える方法でレガシーな法定通貨の延長線上で理解するのはかなり難しいものがあります。

 

フィスコではこの考え方に基づいて2020年末における1BTCの価格を算定して公表していますがなんと246,930米ドル、足元のドル円レートでみると2700万円近い数字になっており、残念ながら現実性に乏しいものであることがわかります。

 

一方比較的市場参加者にとってわかりやすいフェアバリューの算定方法がマイニングコストに基づくものです。ビットコインのマイニングコストは年々高くなる傾向にありますし、電力価格が安い場所とそうでない場所では同じマイニングを行っても実際にかかるコストはかなり異なるものになってきているのが実情です。

 

これまでは中国国内で行うマイニングが電力価格から考えてもかなり有利で低価格であったわけですが、中国国内でのマイニングが禁止されてしまったことからこのミニマムコストは上昇傾向にあると言われています。

 

足元のコストとしては1BTCについて最低35万円以上の価値がないとマイニングをする意味がないとされており、実際ビットコインの価格もそれをかなり意識した推移が2018年には継続することとなりました。

 

このマイニングコストベースのフェアバリューの発想はもっともわかりやすいわけですが、現実の問題としてこのコストを下回る価格展開に陥った場合に果たしてだれがマイニングをするのかという根本的な疑問が生じることになります。

 

実はコスト面の問題についてはサトシナカモトのホワイトペーパーでも全く心配されていなかって項目でコスト割れというものがそもそも想定されていない点が気になるところです。

 

今後ともこの仮想通貨のフェアバリューの問題は常に仮想通貨がかかえる問題になりそうで、目が離せないものといえます。

 

続きを読む≫ 2019/05/27 08:37:27

 

仮想通貨の相場というのはすべての上昇、下落理由が明確というわけではありませんから、相場が動いた理由を正確に知ろうとしてもよくわからないことが殆どとなるものです。

 

先週末から急激に値を上げたビットコインの相場もまさにそれであり、日本円で66万円をつけてからは一気に上に抜ける展開となり「80万円」を超えるまさかの上昇となりました。

 

Data みんなの仮想通貨

 

前々から土日といった休みにには大きく相場が動くのはビットコインと特徴でもあったわけですが、久々そうした状況が蘇ってきていることがわかります。

 

国内では取引所毎の価格に相当な乖離ができているようで、アービトラージのために売り買いをする向きもかなり存在するようで、この手の売買が主流になると当面相場は乱高下する可能性が高くなりそうです。

 

ドルベースのビットコインもそれなりの価格乖離がありますが、取引量が多いこともってか取引所ごとの乖離がある程度抑えられているようで、仮想通貨FXならドルとの通貨ペアで売買してみるというのもひとつの方法になりそうです。

 

いずれにしてもテクニカル的に買いや売りのサインと相場が合致したときに入ることが重要になりそうで、レベル感だけで勝負するのはこういう相場状況では危険になりそうです。

 

 

皆が上を予想しはじめると危ないがストップロスで対処

 

仮想通貨といえども通貨ですから、FXで売買をするときには一方向にポジションが偏りすぎるのは何かにつけてリスクの高い状況となるのは言うまでもありません。

 

とくに仮想通貨の場合はほとんどの市場参加者が上昇を期待して売買していることが多いため、一旦相場が崩れ始めるとストップがついて思わぬところまで下落することがあることから上値でついていくというのは危険です。

 

一方でしっかりタイトな「ストップロス」を入れるのであれば、一定の損失だけ覚悟して売買できますので、それほど恐ろしい取引にはならないこともまた事実です。

 

「押し目買いに押し目なし」とも言うように下落を待とうとしても・・なかなかそう動かないのが実情であれば、短い時間足で買い場をさがしてだめならばまた入り直すすという比較的単純で素直な売買を心掛けてみるというのも一つの方法になります。

 

また仮想通貨FXならば「トレーリングストップ」を設定して、下がり始めたら躊躇なくリカクもしくは損切するという方法を徹底されることも重要です。

 

損切りというととめどもなく損失がでることをイメージしがちですが、一定のレベルで最初から止めることを前提にすれば意外に損失は軽微で決して怖いものではないことは理解しておくべきでしょう。

 

続きを読む≫ 2019/05/14 09:19:14

 

国内の「仮想通貨取引所」を利用していてもっとも気になるのは、取引所ごとにあまりにも値段が違い過ぎるということです。

 

これはFXでリアルタイムの取引をしている人達には、全く納得のいかないもので、法定通貨ならインターバンクでも店頭取引業者でも海外業者でもほぼ一つの価格で世界が回っているはずなのに、仮想通貨は本当にまともな流動性があるのかと疑いたくなるほど価格が違ってしまうのです。

 

この状況はとくに「円建て」でビジネスをしている本邦の仮想通貨業者に兆候が見られます。

 

なぜこの状態が放置されたままなの・・・よくわかりませんが、国内のユーザーにとっては納得のいかない大きな問題といえるでしょう。

 

 

なぜ取引所によってこれほど価格が違うのか

 

多くのトレーダーはこの状況に本当に納得がいっているのか不思議ですが、結局のところそれぞれの取引所の中で需給を賄う形になっているのが最大の原因です。

 

法定通貨に比べると依然として相場のサイズがかなり小さいことから、それぞれの取引所に持ち込まれる取引案件次第で価格に猛烈なバラツキがでることになるのです。

 

ビットコインでも常時1000円以上の価格差がでることがあるわけですから、複数の業者の価格をみていなければかなり損をしてしまうこともざらにあるのです。

 

 

アービトラージができそうだが

 

これだけ価格が異なると金融市場に精通している人ならアービトラージ(価格差で利益を出す売買法)が成立するのではないかと思われるでしょうし、実際しっかり売買が成立するならば十分にこの手はあると言える状況です。

 

しかしながら業者ごとに約定する時間がまったくことなるので現物でこの手法を利用しようと思ってもリアルタイムで売買ができるなら十分に可能ですが、片方がすぐに約定し、もう一方が約定しないとなると果たして利益が出せたのかどうかすら危なくなってしまうのです。

 

 

スマホのアプリには価格差をツールでリアルタイムチェックできるものもある

 

本当にリアルタイムでしっかり売買ができるのであればこのアービトラージだけでも十分に利益は稼げます。

 

しかし冷静に考えますと取引所間がまともに連携する方法を考えませんと、このままの状態で一般的な売買の決済に利用ができる状態とはとても思えません。

 

ある意味買いも売りもありうる仮想通貨FXのほうが、カバー先などを設定しているとよりまともに機能するのではないかと強く思う次第です。

 

このあたりは業界で真剣に取り組んでほしい領域の一つといえそうです。

 

続きを読む≫ 2019/04/30 07:39:30

ホーム RSS購読 サイトマップ