ハイレバで稼ぐ仮想通貨FX

海外仮想通貨FXでいこう@I Always Buy

国内の仮想通貨取引所はなぜ価格が大きく異なるのか

 

国内の「仮想通貨取引所」を利用していてもっとも気になるのは、取引所ごとにあまりにも値段が違い過ぎるということです。

 

これはFXでリアルタイムの取引をしている人達には、全く納得のいかないもので、法定通貨ならインターバンクでも店頭取引業者でも海外業者でもほぼ一つの価格で世界が回っているはずなのに、仮想通貨は本当にまともな流動性があるのかと疑いたくなるほど価格が違ってしまうのです。

 

この状況はとくに「円建て」でビジネスをしている本邦の仮想通貨業者に兆候が見られます。

 

なぜこの状態が放置されたままなの・・・よくわかりませんが、国内のユーザーにとっては納得のいかない大きな問題といえるでしょう。

 

 

なぜ取引所によってこれほど価格が違うのか

 

多くのトレーダーはこの状況に本当に納得がいっているのか不思議ですが、結局のところそれぞれの取引所の中で需給を賄う形になっているのが最大の原因です。

 

法定通貨に比べると依然として相場のサイズがかなり小さいことから、それぞれの取引所に持ち込まれる取引案件次第で価格に猛烈なバラツキがでることになるのです。

 

ビットコインでも常時1000円以上の価格差がでることがあるわけですから、複数の業者の価格をみていなければかなり損をしてしまうこともざらにあるのです。

 

 

アービトラージができそうだが

 

これだけ価格が異なると金融市場に精通している人ならアービトラージ(価格差で利益を出す売買法)が成立するのではないかと思われるでしょうし、実際しっかり売買が成立するならば十分にこの手はあると言える状況です。

 

しかしながら業者ごとに約定する時間がまったくことなるので現物でこの手法を利用しようと思ってもリアルタイムで売買ができるなら十分に可能ですが、片方がすぐに約定し、もう一方が約定しないとなると果たして利益が出せたのかどうかすら危なくなってしまうのです。

 

 

スマホのアプリには価格差をツールでリアルタイムチェックできるものもある

 

本当にリアルタイムでしっかり売買ができるのであればこのアービトラージだけでも十分に利益は稼げます。

 

しかし冷静に考えますと取引所間がまともに連携する方法を考えませんと、このままの状態で一般的な売買の決済に利用ができる状態とはとても思えません。

 

ある意味買いも売りもありうる仮想通貨FXのほうが、カバー先などを設定しているとよりまともに機能するのではないかと強く思う次第です。

 

このあたりは業界で真剣に取り組んでほしい領域の一つといえそうです。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ