ハイレバで稼ぐ仮想通貨FX

週末1000ドル上昇したビットコイン〜ここからは買いか?

とにかく勢いがでてきた仮想通貨相場

 

仮想通貨の相場というのはすべての上昇、下落理由が明確というわけではありませんから、相場が動いた理由を正確に知ろうとしてもよくわからないことが殆どとなるものです。

 

先週末から急激に値を上げたビットコインの相場もまさにそれであり、日本円で66万円をつけてからは一気に上に抜ける展開となり「80万円」を超えるまさかの上昇となりました。

 

Data みんなの仮想通貨

 

前々から土日といった休みにには大きく相場が動くのはビットコインと特徴でもあったわけですが、久々そうした状況が蘇ってきていることがわかります。

 

国内では取引所毎の価格に相当な乖離ができているようで、アービトラージのために売り買いをする向きもかなり存在するようで、この手の売買が主流になると当面相場は乱高下する可能性が高くなりそうです。

 

ドルベースのビットコインもそれなりの価格乖離がありますが、取引量が多いこともってか取引所ごとの乖離がある程度抑えられているようで、仮想通貨FXならドルとの通貨ペアで売買してみるというのもひとつの方法になりそうです。

 

いずれにしてもテクニカル的に買いや売りのサインと相場が合致したときに入ることが重要になりそうで、レベル感だけで勝負するのはこういう相場状況では危険になりそうです。

 

 

皆が上を予想しはじめると危ないがストップロスで対処

 

仮想通貨といえども通貨ですから、FXで売買をするときには一方向にポジションが偏りすぎるのは何かにつけてリスクの高い状況となるのは言うまでもありません。

 

とくに仮想通貨の場合はほとんどの市場参加者が上昇を期待して売買していることが多いため、一旦相場が崩れ始めるとストップがついて思わぬところまで下落することがあることから上値でついていくというのは危険です。

 

一方でしっかりタイトな「ストップロス」を入れるのであれば、一定の損失だけ覚悟して売買できますので、それほど恐ろしい取引にはならないこともまた事実です。

 

「押し目買いに押し目なし」とも言うように下落を待とうとしても・・なかなかそう動かないのが実情であれば、短い時間足で買い場をさがしてだめならばまた入り直すすという比較的単純で素直な売買を心掛けてみるというのも一つの方法になります。

 

また仮想通貨FXならば「トレーリングストップ」を設定して、下がり始めたら躊躇なくリカクもしくは損切するという方法を徹底されることも重要です。

 

損切りというととめどもなく損失がでることをイメージしがちですが、一定のレベルで最初から止めることを前提にすれば意外に損失は軽微で決して怖いものではないことは理解しておくべきでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ