ハイレバで稼ぐ仮想通貨FX

トランプの威力恐るべし〜ツイート一発で爆下げ示現

トランプの威力恐るべし〜ツイート一発で爆下げ示現

 

 

トランプ大統領が12日に「ビットコインや他の仮想通貨のファンでない。それらは通貨ではなく、その価値は非常に変動が激しく、根拠とするものは一切ない。規制を受けない仮想通貨は麻薬取引や他の不法活動などの違法行為を容易にし得る」

 

とツイートしたことからビットコインがいきなり下落して対円では100万円に接近する場面も見られました。

 

トランプといえばドル高をけん制するのに躍起かと思われましたが、ビットコインをはじめとする仮想通貨にまで言及したことから市場はかなり驚いて売りが入ったことが容易に想像される状況です。

 

 

まさかの米国での禁止となればビットコインは大暴落

 

今回のトランプ発言で彼自身が仮想通貨のファンであろうがなかろうが大した問題ではないものの、不法活動の温床ということを重視して米国内での取引を禁止するといった踏み込んだ行動に出た場合にはビットコインをはじめとする投機性の強い仮想通貨は軒並み暴落することが考えられ、かなりクリティカルな状況になっていることがわかります。

 

今回のトランプ発言の真意がどこにあるのかはまったくよくわかりませんが、マネーロンダリングをはじめとする犯罪のために使われやすいといった判断が強まるとかなり具合の悪いことになりそうで注意が必要です。

 

 

どこかのタイミングでFRBが仮想通貨を発行する可能性も

 

現在の仮想通貨の状況をみていますと特定の国が発行するものというのは非常に限られた状況であることがわかります。

 

この先さらに仮想通貨が流通していく過程では結局のところ国別に通貨当局がステーブルコインの形で発行する可能性がかなり高くなりそうで、トランプの今回の発言がその予兆であるとは言いませんが、どこかでそういう時代がやってくることに関しては相当覚悟しておかなくてはならないものと思われます。

 

現状ではビットコインを完全に禁止しているのは中国ぐらいのものですが、この先インドも同様の判断をする可能性は高く、それが発表された場合にはまた一段と価格が下落する可能性を考えておかなくてはなりません。

 

折角かなりいいところまで価格を戻したビットコインでしたが、今後はこうした政治的な発言が相場の上昇を抑制するリスクはかなり高くなりそうで、買いだけではなく売りから相場に入ることも十分に検討しておく必要がありそうです。

 

仮想通貨はある意味でまた新たなステージにさしかかってきていることを感じさせられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ